カナダにはA4サイズの紙がない!?

2012/04/12

日本からわざわざ持ち込んだA4サイズの印刷用紙。印刷屋さんで印刷不可だったのです。店の人はA4サイズを知りませんでした。
職場や図書館などにあるコピー機やカナダで販売されているプリンターにはA4の表示があるのですが、用紙がありません。世界標準はA4なのになぜカナダがUSレターサイズのみを採用するのか、とても不思議です。

バインダーの穴を例に挙げ、コメンテーターは次のように解説します。
生活基準の1つにこのようなものがあると、人はイライラします。特派員にも同情します。 日本は明治維新でヨーロッパを基準に世界に溶け込もうとしました。当時、アメリカはまだ主要国ではありませんでした。カナダはアメリカと同じ文化圏で、トロント・ブルージェイズがメジャーリーグであることからもわかります。 アメリカの大国としての度量は、多くの国で使われているものに歩み寄ることではないでしょうか。ヨーロッパやアジアに歩み寄るべきものは多いと、カナダを仲介して注文したいと思います。

【特派員情報】

カナダ・オンタリオ州在住の郷らむなほみさんからの情報でした。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

※リンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。