スイスでは犬を飼うのに免許がいる!

2011/09/22

スイス人は犬が大好き。犬との生活が当たり前だが、この背後には厳しいルールがある。 2007年、すべての飼い犬にマイクロチップを装着することが義務付けられた。ジュネーブ州を例に挙げると、飼い主は財務省で犬用免許を申請をしなれけらばならない。この免許は常に首輪に装着し、紛失したら3日以内に報告する義務もある。無免許で犬を飼うと罰金が科せられる。

また、飼い主は全員、理論と実地の講習を受けることが義務。犬にも税金がかかる。ちなみに、飼い犬が脱走し「世話放棄」と見なされ通報された知人もいる。またスイスでは、自宅の敷地内でもむやみに犬を吠えさせることはマナー違反。近所の人たちから警察へ通報されることもありうる。

このスイスからのレポートに、コメンテーターは国際感覚を持ってこう言います。
これを聞いて日本では、すばらしいと思う人、真面目すぎて息が詰まるという人、いずれか対立するでしょう。イギリス人なら、Oh, is that so?(ああ、そうですか?)ということになります。つまり、「ほどほどに聞き流す」ということもありなのです。

かつて日本には、「生類憐れみの令」という悪法がありました。行き過ぎたことを省みつつ、今の日本のペットと人の関係はほどほどにいい線ではないかと思います。犬を飼うことの責任と義務、それによって得られる権利。スイスからのこのレポートは、いろいろ考えさせられるものでした。

本編では、ドイツが大好きだったある女性評論家の犬のまつわるエピソードも紹介しています。これを聞いて、あなたはそこで暮らしていけますか?

【特派員情報】

スイス在住 小島瑞生さんからの情報でした。
 

スイス在住 小島瑞生さん