シリーズ「世界の泥棒」(16)
安全を守る法の施行で盗難発生!
~ペルー~

2011/04/21

自動車盗難や車上荒しが多発するペルー。身近にも被害者が何人かおり、愛車のオーナメントやサイドミラーを2回も盗まれた友人もいます。犯行時間はほんのわずか、犯人はほとんど捕まりません。街を走る多くの車がエンブレムやオーナメント、ナンバープレートをボルトで留めたり、サイドミラーやフロントガラスが簡単に外れないよう補強していることからも、被害の多さが伺われます。
ところで4年前、自動車やタクシーの後部座席におけるシートベルト着用が義務化されました。しかし後部座席のシートベルトがない車両もあり、慌てて購入した人もいたようです。
それまで地味な存在だったシートベルトの需要がいっきに増えたからでしょうか、その頃「後部座席のシートベルト泥棒」が多発しました。あるタクシー運転手よると、犯人は2人組みで、ひとりが助手席に座ってあれこれ話しかけ、その間に後部座席のもう1人がベルトをハサミか何かで切ってしまうのだとか。
リマ市内には先のような盗難品を扱う店がごまんとあり、盗品も簡単に売りさばけます。こうした店の存在が盗難に拍車をかけているのは事実ですが、自国内で車を製造していないペルーでは、車の部品も高価な輸入品頼み。消費者側も様々なパーツを安く買えるというメリットがあり、泥棒マーケットの存在を許してしまっているのです。

ちなみに現在もその法律はありますが、現状にそぐわないためか、いつの間にか適用がうやむやになっているようです。結果的に盗難被害を増やす一因となった、人騒がせな交通法規でした。

サイドミラーのカバーを装着した車
【サイドミラーのカバーを装着した車】

エンブレムは必ずボルトで固定。そうしないと…
【エンブレムは必ずボルトで固定。そうしないと…】

このように見事に盗まれてしまいます
【このように見事に盗まれてしまいます】

オーナメントもこの通り。これだけきれいに盗られると、気づくのも遅れそうですね
【オーナメントもこの通り。これだけきれいに盗られると、
気づくのも遅れそうですね】


オリジナルエンブレム「JESUS」(ヘスス=イエス)。これならさすがに泥棒も罪を犯しにくい?
【オリジナルエンブレム「JESUS」(ヘスス=イエス)。
これならさすがに泥棒も罪を犯しにくい?】


今だシートベルトのない車も多いペルーのタクシー
【今だシートベルトのない車も多いペルーのタクシー】

純正品、コピー品、盗難品、なんでもありのカー用品販売
【純正品、コピー品、盗難品、なんでもありのカー用品販売】

どこからともなく現れて商売を行う怪しい屋台。サイズが合えばお買い得。仕入先や保証期間など、野暮な質問は一切なし!
【どこからともなく現れて商売を行う怪しい屋台。
サイズが合えばお買い得。仕入先や保証期間など、野暮な質問は一切なし!】

【特派員情報】

ペルーの首都リマ在住 原田慶子さんからの盗難リポートでした 。
 

ペルーの首都リマ在住 原田慶子さん
Website:keikoharada.com
Blog:ペルー片道切符