英国で英語が聞こえなくなった!?

2011/03/24


英国に住んでいても英語が聞こえなくなりました。大通りの真ん中では耳慣れない幾つもの言語が行き交い、ここはどこ?と周囲を見渡すことも。英国内務省によると、2000年以降の移民だけで220万人。統計局が発表した2009年生まれの子どもの名前ランキングでは、綴りは様々ですが、いずれも「モハメット」と呼ぶイスラムの名前が1位に踊り出ました。

これに似た現象がヨーロッパの先進国で軒並み起こっています! EUの公用語は23ヶ国語。その多言語化がEUの経済発展を阻んでいるといいます。もともと階級意識の強い英国では「標準語」が定着しにくい土壌がありました。1920年代に入り、ラジオから聞こえるBBCイングリッシュが標準英語となり、それが世界で通用する英語となりました。その英語が地元の英国で聞こえなくなっているとは…。

日本も、明日は我が身。職だけを求めて日本にやってくる移民は、日本文化を理解せず、日本語を話そうとしないかもしれません。今のイギリスから学ぶことは多いようです。

【特派員情報】

イギリス・ケンブリッジ在住 いそのゆきこさんからの情報でした。

 

特派員 いそのゆきこさん 著書:「BBC TALK JAPANESE」
関連サイト: :地球はとっても丸い





「特派員いそのゆきこさんからの特別メッセージ」

英国から日本の皆様へ
英国在住の日本人はいま皆結束して募金活動などをはじめました。
英国の人々も、被災地の皆様の落ち着いた行動、互いを気遣い労り合う様子をテレビで目にして深く感動し、進んで応援してくれています。これ以上被害が拡大しないよう祈る気持ちは地球の反対側でも同じです。
どうか、くじけず頑張って下さい。