ニュージーランドのお巡りさんは、パトカーでお買い物!

2010/07/22


マオリ語と英語が公用語のニュージーランドで "It's all kapai."といえば、

「これでうまくいっているからいいじゃないか」という意味になります。

日本人から見れば、おおらか過ぎていい加減なニュージーランド人(=キーウィ)の気質を

うまく表している言葉が "It's all kapai."なのです。


たとえば...雨が降っても洗濯物は取り入れない、パトカーで銀行に乗りつけ私用を済ませる警察官、
消防車や救急車もランチタイムなどの買い物に使われています。

そして、いつでもどこでも裸足で歩く。

夏であろうと冬であろうと、晴れであろうと雨であろうと、大人も子供も、男性も女性も

小さい頃から裸足が普通です。


裸足というと、コメンテーターはO・ヘンリーの小説を思い出すと言います。

同じものを見るのに、楽観的な見方と悲観的な見方がある・・・。

先進国の文化と南太平洋の文化がうまく混じり合っているのが、この国のいいところかも。

【特派員情報】

ニュージーランド在住 クローディアー真理さんからの情報でした。
 

ニュージーランド在住 クローディアー真理さん

1998年よりニュージーランド在住のフリーランスライター。育児誌、エコ関連誌・ウェブサイト、クロスカルチャー誌などを中心にリサーチ・取材・執筆・写真撮影・ビデオ撮影を行う。
“Create something from scratch(ありあわせのもので何かを創り上げる)”というこの国の人々の精神をこよなく愛する。
ウェブサイト、「ライター、クローディアー真理の『もっとNZを知ってほしい!』」には、ニュージーランドでの日々の生活で感じたことを書き留めたエッセイなどを掲載。