デンマークでは医師も看護師も私服で働く

2010/07/01

病院に行っても、医師も看護師も患者と同じ服装ですから、見分けがつきません。写真の男の人が、我が家のかかりつけ医です。

我が家のかかりつけのお医者さん
【我が家のかかりつけのお医者さん】


病院の中では、聴診器をしていないと、医者とは見抜けません(笑)。
聴診器が医師を見分けるポイント
【聴診器が医師を見分けるポイント】

カウボーイハットのようなものをかぶっているのは、往診スタイルです。 うちの7歳の息子も「本当はカウボーイなの?」と聞いたりしてます。お医者さんバッグで、かろうじて医者とわかるでしょうか…?

「本当はカウボーイなの?」 お医者さんバッグで、かろうじてわかります
【「本当はカウボーイなの?」 お医者さんバッグで、かろうじてわかります】
往診用のカウボーイハットや聴診器
【往診用のカウボーイハットや聴診器】

タートルネックの方は医療秘書、血液検査のビンを振っているのは看護師さん。
こちらも共に白衣は着ていません。 医療秘書の方も白衣は着ていません
【医療秘書の方も白衣は着ていません】

日本では考えられませんが看護師の方も白衣は着ていません
【日本では考えられませんが看護師の方も白衣は着ていません】

お医者さん、看護師さんとも、患者と接するので、一応はジャブジャブ洗える服を 基本の仕事着にしているとは言っていましたが、冬はセーターを着てます。

こんな感じですから、子供もあんまりお医者さんに行くのを怖がらないんですよ。
助かります(笑)。


【特派員情報】

デンマーク在住のニールセン北村朋子さんからの情報でした。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

※リンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。