シンガポールの屋台では、後かたづけ専門の人がポリバケツに食器を下げていく!

2010/02/25

シンガポールは「きれいな国=Fine country=罰金の国」。少しでも街を汚すと、罰金を取られる国です。

そんなきれいな国なのに、屋台では驚きの光景が…!後片付け専門のおじさん・おばさんたちが、紐つきポリバケツを引きずって、その中に食べ終わった食器や残飯を下げていきます。

ソウルや北京では、オリンピックを機に追放された屋台街。しかし、シンガポールでは伝統文化として生かされているところに救いがあるとコメンテーターは言います。
同時に雇用の機会も生み出され、屋台1つを覗いても、その国の事情が見えてきます。

女性の社会進出が進むシンガポールでは、屋台でのテイクアウトも日常です。
使われなくなった家のキッチンは、インテリアになりつつある・・・?!

【特派員情報】

シンガポール在住 トオノ カオリさんからの情報でした。