サンパウロの地下鉄には、‘肥満者優先席’がある!?

2010/01/14

青く輝く巨大な座席!ブラジル・サンパウロの地下鉄車両には、2人分の幅で300キロの重さに耐えられる「肥満者優先席」があります。2006年、肥満者優先席の設置が条例により義務化され、違反すると罰金も。

法律を作った当局は、人気取りのためか?政治的な思惑か?本当に市民のためなのか?

明らかな答えはわかりませんが、ブラジル流の大らかな空気が流れていることは確かなようです。

世界には安心して太れる国がある・・・。詳細は動画を要チェック!!

【特派員情報】

サンパウロ在住 大久保純子さんからの情報でした。
 

サンパウロ在住 大久保純子さんブラジル・サンパウロ在住。日本で専門紙の記者を経て、1997年よりブラジル邦字紙記者として2年間勤務。
現在はフリー。2005年には母も呼び寄せ、シルバー移住にも成功。
ライフワークとして、移民の方々のお話を記録するインターネット・ラジオ「ブラジル日和」を放送中。共著『女たちのブラジル移住史』(毎日新聞社刊)、ブログ「自由気ままにリベルダーデ」。