アメリカの病院事情 ~病院に行くだけで1回10万円?!~

2009/10/01

先日、知人とスターバックスでお茶を飲もうということになり、一番大きなカップでお茶を頼んで席に着いたとたんにカップが倒れてしまいました。カップいっぱいに入った熱いお茶が両膝にかかり火傷。氷をいっぱい店員さんにもらい患部を冷やしました。痛みはなくヒリヒリしているけれど知人と話はできました。

帰りの車の中で足を冷やしながら帰りました。家に着き、服を着替えているときにだんだんヒリヒリが刺すような激しい痛みになり呻いていました。土曜日なので普通の病院は開いていません。そうなると救急病院です。手当てをしていただきました。

ちなみに救急病院は行くだけで一回千ドル(約10万円)で、治療代はまた別です。

週末に病気や怪我になると普通の病院は閉院なので救急病院しかない。平日だとしても普通の病院は予約制です。急患ならもちろん具合によっては診てくれます。でも、それはあらかじめ通院暦があって主治医がいることが前提です。主治医がいない場合は救急病院か911に電話して処置を仰ぎます。

私の場合、怪我をしたところが膝の上辺りでじっとしていなければならず、結局仕事を2日間休みました。ようやく水ぶくれが全部つぶれて治ってきた感じです。アメリカ、シアトルでの病院体験談でした。

アメリカの緊急病院の入口 

【アメリカの緊急病院の入口】

【特派員情報】

矢田部由紀さんからの情報でした。