ブラジルでは投票しないと罰金

2009/07/30

ブラジルでは、投票は18歳から70歳まで、憲法で決められた義務です。投票しないと罰金を取られます。3.51レアル(約180円)。政府が決めた最低賃金(月額)が465レアル(約23,250円)ですから、罰金は安くありません。

さらに、3回続けて投票しなかった場合、投票者登録番号がキャンセルされ、身分証明書発行、納税者登録番号、パスポート発行の手続きが出来なくなります。その他、公務員職に就職することもできなくなります。選挙の日は市内のバスは無料になります。貧困層に配慮した措置です。

この理念は、すべてのブラジル国民に政治的権利を保障し、社会や政治情勢に興味を持たせて社会全体のバランスを保つためです。

サンパウロ市内の道路
【サンパウロ市内の道路】

サンパウロ市内の景色
【サンパウロ市内の景色】

選挙登録カード
【選挙登録カード】※個人情報保護のため画像にぼかしを入れています

【特派員情報】

カルロス・キムラさんからの情報でした。